10周年記念スペシャルイベント
「AKB48グループ 夏祭り」
幕張メッセ 国際展示場ホール9〜11
(千葉県千葉市美浜区)
2016年 7月10日(日)晴れ
幕張メッセ



《夏〜SUMMER〜》
梅雨明け宣言はまだ先ですが夏本番を思わせる快晴でまさに絶好の夏祭り日和です。

いつもの握手会と違い詳しい内容は当日までわからないお祭りですが、新しいことをすると高確率で失敗する運営が心配だったりします…。

普段は蘇我行きか海浜幕張行き、武蔵野線直通の府中本町行きくらいしか見かけない東京駅で異色を放つ上総一ノ宮行き。

東京駅

《会場到着》
運営上のトラブルに巻き込まれて回りきれなくならないよう、チケットは分散させてあります。

幕張メッセ

佐々木優佳里…ゆかるんのサプライズレーン。第2部では参加券1枚につき1回写真撮影ができます。ツーショットではなく仕切りの向こうに立つゆかるん単独ですが、ポーズの指定は可能。今までありそうでなかったイベントです。

メガネるんは過去に何度も一緒に撮ったので今回はメガネを外した素顔を希望して、自分で一番かわいいと思うポーズをしてもらいました。

ゆかるん

「かわいすぎて、きゅーん!!」

次は名刺お渡し会。始まる前にメンバーが祭りのやぐらに登って自己紹介をします。HKTの時間帯に行って茉央ちゃんと紗英ちゃんをゲット。お話しする時間もありました。

山本茉央「自己紹介のキャッチフレーズを考えよう」「んー、そうですねー。何がいいかな?」「何かひとこと喋って、イヒヒヒヒで締めよう!絶対かわいいから!」

あっちゃんやぱるるのような大物ならキャッチフレーズなしもアリですが、まだまだ売り出し中のメンバーはお客さんに印象を残すことが大事です。

栗原紗英…向こうから「お名前を教えてください」と来ました。名刺の裏に名前入りでメッセージを書いてくれるのですが事故が起きました。

『ひろゆき』まで書いたあと『さん』を付けようとしたら、どうやっても『さ』ではなく『た』にしかならない書き間違い。
「あっ」と声が出た時には遅く「ひろゆきたんでいいよ!」とフォローして、かえって貴重な珍品を手に入れました。

余りの大混雑に耐え切れず、もらうものをもらったら速やかにエリアから退散。冷たいものを飲んで休憩です。

ドリンク

《チーム8》
次はチーム8のサプライズレーン。それぞれが趣向を凝らしたイベントで楽しませてくれます。

横道侑里…『10回クイズゲーム』で勝てば景品をもらえます。「たこ焼きと10回言ってください」との指示で「たこ焼き、たこ焼き…」と繰り返す間に係員さんから「間もなくお時間でーす、はい終わりでーす」の声が。

「はい問題!それでは鯛を焼いたものは?」「たい焼き!!」「はずれ〜焼き魚ですww」…ひっかかったー!悔しいけど面白い!ガハハと大爆笑でレーンをあとにしました。

近藤萌恵里…待っている間に豪快に鼻をかんでいましたよ。アイドルなんだから、せめて後ろを向くか仕切りに隠れないと。そこがもえりんらしくて好きですが。

お悩み相談コーナーだったので
「いい歳してアイドルの握手会か…と言う職場の上司をどうにかしてくれ」と相談すると「別にいいじゃん自信持って遊びに来てよ。あ、その人も誘っちゃおうよ!」と超ポジティブで前向きなお答えをいただけました。

ステージイベントはチーム8のお姉さん太田奈緒さんと、なまら頑張る道産子の坂口渚沙さんのステージを見ました。幸運にもいくつかある撮影可能イベントに指定されていたのですが、所持する携帯カメラの性能不足が残念です。

ステージイベント

『友達でいられるなら』を歌い、お絵かき対決をしたら約10分のイベントはあっという間。奈緒ちゃんは目が細いので写真はみんな目を閉じているようになってしまいました。

最後にみこってぃの名刺をいただきます。

内山命…ちょっと意地悪をして「初めてまして!」と行ってみました。「ん?」という顔をしながら「初めてまして」と返してきたので「ウッソー、時々来てますよ!」と伝えると「わかってます!」とみこってぃらしい返事。

両手で名刺を元気よく差し出して
「今後ともよろしくお願いします!」と非常に感じがよかったです。

名刺 名刺

《ご意見》
メンバーたちの対応はどの子も良かったのですが、運営は直してほしいところが目立ちました。

あれだけの規模のイベントを9〜11ホールだけで行うのは無理です。ステージや握手レーンで場所を取られるのだから参加客が溢れることは少し考えればわかるはず。必死に誘導するスタッフが気の毒ですが無理なものは無理です。

特に新企画だった名刺お渡し会がグダグダでした。

・チケットが指名制ではないから並ぶ人が多いと時間内に終われない。次の開始が遅れ、そのまた次も…。

・グループごと30分刻みの予定表に合わせて入場すればメンバーが必ずいると案内されたり、メンバーは出入りするから行ってもいないことがあるとか、案内がめちゃくちゃ。

・グループの違うメンバーの名刺をもらうため人が滞留するところへ新たな人も加わるので膨れ上がる一方。通勤電車にも勝る大混雑で圧死するかと思いました。

・あまりに人が増えすぎ柵を動かしてエリアを広げたら場内で行き来する通路がなくなってしまい、建物の外を経由するよう変更されたのも動きにくい要因。

他の動線も交差支障だらけで、関係ない行列同士がクロスしたらもはや混乱は避けられません。

これではスタッフも客も不幸です。滞りなく進めば「一日楽しかった」で終わることができたのに、終盤には中止のイベントも出てしまい、ここまで何とか辛抱していたファンの怒りが爆発したようですがこれはやむを得ない。

幕張メッセ

帰り道を歩きながら
「もう少し何とかできれば神イベントになるのにな」との声が聞こえました。

確かにその通り。催しのアイデアそのものは悪くなかった。AKBグループが昔から改善できない詰めの甘さが出てしまったように思います。

秋祭りの開催も発表されたので次こそは同じ失敗をしないでもらいたい。イベントの趣旨自体はおもしろいのでブラッシュアップして楽しませてほしいと思います。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ