Green Flash
僕たちは戦わない
発売記念 全国握手会
さいたまスーパーアリーナ
(埼玉県さいたま市中央区)
2015年 5月23日(土)晴れ
さいたまスーパーアリーナ



《選挙戦》
投票券の付いた40枚目のシングルが過去最高の売り上げを記録、投票期間は着々と過ぎて立候補している各メンバーは一つでも順位を上げるべく知名度アップ・好感度アップに努めています。

その選挙戦の真っただ中に開催される全国握手会は有権者であるファンに対して自己アピールできる絶好のチャンスです。やりすぎて選挙違反になっては困りますが、いつも以上に力の入ったサービスが期待できます。

《寄り道》
イベントのスタートは遅めの13時。先に秋葉原のカフェに行ってご当地メニューをいただきます。立候補メンバーが出ている地区の名物がメニューになった、毎年恒例のお楽しみです。

新潟B級グルメパスタ

秋に新潟にできるNGT48はこれからのチームで選挙に出馬したのもキャプテンのきたりえだけですが、新潟のご当地メニューが用意されました。

B級グルメの焼きそばです。太めの麺にケチャップで味付け。「イタリアン」らしいですが新潟とイタリアのつながりは何でしょう??

《移動》
食後の休憩をして埼玉へ。3月にできた上野東京ラインは秋葉原駅にホームが造られなかったのが残念…。土地がなかったり急勾配があったりと難工事になるのは素人が見ても想像できますが、膨大な利用客のある駅で乗り降りできれば便利だったはず。

乗車券

今までと何ら変わることなく山手線で上野駅に出て宇都宮線へ乗り換えて、さいたま新都心駅へ向かいました。

《入場待ち》
告知によればステージイベントでは全握史上最大規模の演出を企画しているとのことで期待が膨らみます。その一方で新たに大きなことをしようとすると、大失敗することも珍しくない運営ですから、半分は心配な気持ちだったりもします…。

開場の11時を過ぎても列は動きません。強い日差しの下で待たされてようやくノロノロと動いて建物に入ったところで、イスに座れるスタンド席と立見限定のアリーナ席のチケットブースが左右に分かれていました。

ごった返すブース前で左右に進路変更する人やどちらにしようか迷って立ち止まる人などで渋滞に拍車がかかっています。希望の席を選べるシステムは歓迎しますがこの混雑は再考の余地ありです。

さいたまスーパーアリーナ

せっかくAゲート・Bゲートの入場口に分けたのですから、たとえばAゲートはスタンド、Bゲートはアリーナと事前に振り分けておけばスムーズだったと思います。

《開演》
入場に時間がかかっていましたがほぼ時間通りのスタート。12時58分、ジキソーこと横山由依さんのアナウンスが流れると、5分後にはovertureで開演しました。

▼セットリスト
 0.overture
 1.Beginner
 2.ハートエレキ
−−MC(チームA)−−
 3.永遠プレッシャー
 4.Everyday,カチューシャ
 5.恋するフォーチュンクッキー

−−MC(チームB)−−
 6.フライングゲット
 7.GIVE ME FIVE!
 8.ラブラドール・レトリバー
 9.Green Flash
10.さよならクロール

−−MC−−
11.桜の木になろう
 (松井・岡田奈・平田・村山・後藤・下口)
−−MC(チームK)−−
12.UZA
13.ギンガムチェック
14.So long
15.風は吹いている
16.前しか向かねぇ

−−MC(チーム4)−−
17.心のプラカード
18.真夏のSounds good
19.鈴懸の木の道で…
20.上からマリコ
21.希望的リフレイン

−−MC−−
22.僕たちは戦わない

開演アナウンス…横山由依
終演アナウンス…なし

開 演  12:58
終 演  14:42
(開演・終演はアナウンスの時刻で採時)

《感想》

チームごとに5曲ずつ計20曲に加えて特別に編成されたメンバーで2曲、全22曲が一気に披露されました。RIVERやポニシュも人気曲でコンサートの定番ではありますが、100万枚には届かなかったので今日は対象外でした。

それにしても企画としての方向性は新しくお得感は満載なのですが、細かいところで残念なことをしてしまうのがもったいない。

「鈴懸なんちゃら」ではイントロをカットして不自然に中途半端なところから歌い始め。1時間半を超えるステージで、数十秒を省略することに何の意味があるのか理解できません。大規模コンサートでもほとんど披露されない楽曲なので楽しみにしていたのですが…。

今回のイベントは「Green Flash」と「僕たちは戦わない」の2作品合同イベントで、この2曲はなるべくそれぞれの選抜メンバーを起用して歌ってほしかったのになぜかGreen FlashはチームBの担当でした。何か意図するところがあったのでしょうか?

チケット

《パニック》
イベント進行の会社が変わったのか、最近の握手会にしては非常に流れが悪かった。何の案内もないまま1時間近く遅れ、やっと始まったかと思えば今度はレーンの混雑具合と呼び出しが全く合わず、空いているレーンの横では身動きがとれないほど人で埋まっている不合理。

2作合同イベントなので消費される握手券の枚数の割に来場客の数は伸びないはずでうまくコントロールできればスムーズにできたはずなのに全然だめでした。

目的のレーンへ行くにはどこに並べばよいのか全くわからず、列になっているらしい人たちに聞きながらようやく最後尾が見つかる始末で疲れてしまいました。何年も握手会に出入りしていればこういう時もあるのは知っていますが、初めて来た人がこの状況ではもう来なくなってしまうのではないでしょうか。

▼握手会レーン
 1.
柏木 由紀
 2.
高橋みなみ
 3.
小嶋 陽菜
 4.
島崎 遥香
 5.
中田ちさと中西智代梨小林 香菜
  
田名部生来倉持明日香小笠原茉由
 6.前田 亜美松井 咲子
石田 晴香
 
  北原 里英宮崎 美穂岩佐 美咲
  
鈴木まりや
 7.中村麻里子
島田 晴香永尾まりや
  
横山 由依
 8.藤田 奈那
阿部マリア伊豆田莉奈
 
 加藤 玲奈小林茉里奈
 9.
小嶋 菜月武藤 十夢田野 優花
  
名取 稚菜高橋 朱里平田 梨奈
 
 大森 美優佐々木優佳里
10.
相笠 萌 梅田 綾乃大島 涼花
   岩立 沙穂岡田 彩花北澤 早紀
  
篠崎 彩奈村山 彩希茂木 忍
11.小嶋 真子
内山 奈月橋本 耀
  
岡田 奈々西野 未姫前田 美月
12.
飯野 雅 ・市川 愛美達家真姫宝
   谷口 めぐ
土保 瑞希
湯本 亜美
 
 大和田南那
福岡 聖菜 込山 榛香
   向井地美音
13.田北香世子西山 怜那後藤 萌咲
   下口ひなな川本 紗矢横島 亜衿

《握手》

最初は9期生の4人グループのレーンへ。並ぶ人はそれほど多くなかったのに番号の呼び出しが下手なせいで最初の握手ができるまでステージイベントが終わってから2時間半以上待たされました。

島田・永尾・中村・横山の4人。流れるような握手で交わす言葉もひと声かけるのが精いっぱいでしたが、チームは変わっても初代チーム4を組んでいた頃の同期のまとまりのようなものがあり、懐かしい雰囲気を感じました。

次は11・12期レーン。ここは人数が多くて会話は無理。ただ一つのわがままで、最後にいたゆかるんのところでわずかに流れを止めて会話ができただけでも良しとすることにしますが、確実にハピネスを送信・受信するには個別握手会へ行くべきです。

たかみなレーンは呼び出しが全然進まないので、先に意を決してカオスになっている14期に突進します。人気メンバーの多いここは握手をしたがるファンの数も多くて混雑が絶えませんでした。

どのように並んでいるのか全くわからない。こじまこタオルを掛けている人や、美月のバッジを付けた人を見ながら点と点を結ぶようにたどると、ようやくプラカードを持った係員が見えました。

同期の数は少ないけれど個性が強いメンバーが揃った6人。次世代の中心と言われるメンバーだったり、まだ満開まではいかないけれどひたむきに頑張っているメンバーだったり、とっても小さなAKB48を見ているような印象の14期です。

ようやく20000台の番号が呼ばれてたかみな列に並びましたが、ちょうど休憩に入ったのか列が進むまでずいぶん待ちました。4月8日の誕生日に開催されたライヴを観覧してソロ歌手としての第一歩を目撃しました。開催中の選挙では1位を獲っていただいて努力が報われて欲しい。

《閉店》
時間があれば追加でチケットを交換しようとしていましたが、たかみなとの握手が終わった時点で20時をすぎていて、引換の受付は終わっていました。それにのんびりしていたら帰れなくなってしまいます。

東京駅

新たな機軸を打ち出したイベントは評価しますが、肝心の握手会については改善の余地ありと感じました。活動10年目グループのイベントとしてはお粗末な部分が多くあったので、寄せられた意見に耳を傾けて今後に活かしてほしいと思います。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ