発売記念 全国握手会
横浜スタジアム
(神奈川県横浜市中区)
2014年10月24日(土)晴れ
横浜スタジアム



《秋の空》
台風に2週続けて襲われた10月。静岡市内では通勤にも使っているJR東海道線が土砂崩れで不通になり、毎日通常の2倍近い時間をかけて迂回する不便を強いられました。その後の天気は安定し、今日も気持ち良い秋晴れでのイベント開催となりました。

関内駅

横浜スタジアム最寄りのJR関内駅。横浜ベイスターズの本拠地ということで駅舎もそれらしく飾られています。

今回の握手会は、午前中からの女性児童などが優先的に握手できる時間とそのあとで行なわれる一般の握手時間が分けられ、整理券の配布開始時刻もずれています。ミニライヴを見るためには13時15分までに入場すればよいため、のんびりと出発してきました。

崎陽軒

横浜市内の施設なので売店も崎陽軒が幅を利かせています。チャーハンとシウマイのミニどんぶり。ちょっとしたことですが、その土地の名物に関わることができるのは楽しいものです。

《開演待ち》
最近はステージイベントがない全国握手会もありましたが今回はあります。しかし今までグラウンドに設けられていたアリーナ席は一切なく全員スタンド席が指定されます。しかしお客さんの入りは今ひとつ伸びず、関東会場としては少々寂しい埋まり具合でした。

人気メンバーが卒業したこと、今日参加する選抜メンバーはまゆゆと由依ちゃんしかいないことなど特に子供連れが足を運ぶ魅力に欠けたのでしょうか。

5月に起きた事件を受けて警備が厳しくなり、気軽に参加できるイベントとは言い難くなってしまったこと、さらに握手会自体に疑問を持つようになった人もいるのかもしれません。

あんにんとりっちゃんはまだ握手会に復帰できておらず、再び事件が起きない保証はどこにもありません。今は誰もが苦しい時期です。参加する一人一人がルール・モラル・マナーを守って失われたものを再び築いていかなければなりません。


▼セットリスト
1.overture
2.前しか向かねえ
3.ラブラドール・レトリバー
−−MC−−
4.希望的リフレイン
5.天使のしっぽ(大和田・小嶋菜・川本)
6.君と僕の関係(小嶋真・西野)
7.真夏のクリスマスローズ(チーム8吉川・小栗・小田・高橋)
8.心のプラカード


▼握手会メンバー
渡辺 麻友
小嶋 真子
木アゆりあ
横山 由依橋 彩音
北原 里英吉川 七瀬
小笠原茉由小栗 有以
岡田 奈々小田えりな
倉持明日香西野 未姫
高城 亜樹茂木 忍
10
永尾まりや川本 紗矢
11
島田 晴香峯岸みなみ
12
大島 涼花大和田南那
13
梅田 綾乃高橋 朱里
14
岩立 沙穂加藤 玲奈
15
岡田 彩花小林茉里奈
16
島祐利奈平田 梨奈
17
篠崎 彩奈込山 榛香
18
相笠 萌 /内山 奈月

※4レーン以降は前半/後半の交替制
※一覧は事前に発表されていた配置
 当日組換えがあり複数人数のレーンもあった

《握手・前半》

今回はたかみなをはじめとするチームAは一人もいなく、ゆかるんも参加していないため「なまこ姫」こと岡田奈々、小嶋真子、西野未姫を回ることにしました。前半・後半で交替する2部構成になっているため最初になぁちゃんのレーンへ行きます。

番号が呼ばれてすぐに向かうものの、すでに多くの人でレーンがあふれている。こんなに人気だとは思いませんでした。複数レーンがごく一部になり大半は単独レーンになってしまったのですが、そのぶん会話ができる時間は取ってもらえるようになりました。

横浜スタジアム

真面目な性格が好評のなぁちゃん。今まではハイタッチ会のような握手しかしたことがなくてまともに対面できたのは初でしたが、きちんとこちらを見て受け答えをしてくれます。頭の回転がよく短時間でもしっかりした返事があるのもうれしい。

次はこじまこ。ミュージカル・恋愛禁止条例では吉永寛子の役を好演しました。「スマイル番長」と別名があるように、微笑んでいるだけで癒される魅力があります。もちろん握手もしっかりとしてくれます。

みきちゃんだけは後半の部なので一度外に出て食事などをしたあとで向かいました。スタジアム周辺を歩いていると、やっぱりゴミのポイ捨てがあります…。

ゴミ

「ポイ捨てはやめよう」という看板を掲げた人を何人も見かけて、多くの人がそれを見たはずなのに、無くなりませんでした。

ぐるっと一周まわりながら見つけたゴミは拾ってきましたが、グループで騒いでいた人たちがそのままゴミを置いて立ち去るのを見ると悲しくなります。

《握手・後半》
17時ころ、前半組と後半組が入れ替わりました。みきちゃんのレーンに並び、チーム4の全国ツアーが当たったので静岡から愛媛へ応援に行くことを話すと、嬉しそうに
「ぜひ来てください!」と力強く返してくれます。

このレーンにはチーム8埼玉代表の高橋さんもいたので
「チーム8のみんなで静岡へイベントをしに来て」といった話をしましたが、まだ握手会に慣れていないのか忙しさに目が回っている様子。それが初々しくて良い感じです。

《閉店》
客席に戻り特設ステージで行なわれていた「オレの嫁選手権」を見たりしながら過ごしていましたが、だんだん気温が下がってきたので帰り支度を始めます。

日が傾き始めればあっというまに暗くなってしまい、いつまでも明るい夏とは違った秋ならではの寂しさを感じます。

横浜スタジアム

推しメンは不在でしたが、いろいろと新規開拓できるのが全握のよさでもあります。次世代の中心といわれている14期の3人はそれぞれ違った良さがありました。

あっちゃん・優子さんといったAKBに興味がない人でも知っている有名メンバーは減りつつありますが、一方では期待の新人も増えています。知名度ではまだまだですから今後どうやって売り出していくのか注目です。

AKBの人気はピークを越えたと言われます。確かにそうかもしれません。それでもいいじゃないかと思います。今までが過熱しすぎていただけで、好きなメンバーを応援するファンの気持ちは少しも変わることはありません。

横浜駅

寒くなると外に出るのが億劫になりますが、これからの時期にイベントが多い。来月には個別握手会もあるし6月から延期されている写真会の振替開催も決まりました。
HKTの全国ツアーは福岡、チーム4のツアーは12月の愛媛が当選しています。

メールサービスで送ってきてくれるメンバーには風邪気味の子もいるようですが、この業界はメンバーもファンも体力勝負。こちらもたくさん食べてしっかり寝て、一つのイベントも欠席することのないよう気を付けます。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ