劇場盤発売記念 大握手会
ポートメッセなごや 第1〜第3展示館
(愛知県名古屋市港区)
2014年 8月30日(土)晴れ
ポートメッセなごや



《名古屋・個別》
幕張メッセ、ビッグサイト、パシフィコ横浜といった具合に関東での開催がほとんどだった個別握手会ですが、西に住むファンからの要望も多く大阪や名古屋でも試行的ながら開催されるようになっています。

静岡から行く場合は東京も名古屋も距離は大差ないため単純に日程で選びましたが、関西など西日本から出掛ける人にとっては東京まで出向く必要がなくなり行きやすくなったといえます。

静岡駅

東海道線を乗り継げば確かに安く行けますが時間がかかりすぎる。列車に乗る旅そのものを楽しむ時ならそれでもよいのですが、飽きるほど乗った東海道線ですからここは新幹線で名古屋まで行きます。

名古屋からはあおなみ線。正式には
「名古屋臨海高速鉄道・西名古屋港線」といいますが誰も呼ばない、東京のりんかい線と似たような境遇の鉄道です。会場がある終点の金城ふ頭駅まで15キロほどなのに350円。JRの感覚からするとずいぶん高い運賃です。

あおなみ線

大規模なイベント時にしか運転されない臨時の直通快速列車がありました。途中で降りる人は乗らないため各駅停車より空いています。ただし追い越しできる駅はないので所要時間は大差ありませんでした。

《到着》
ポニシュやヘビロテの全国握手会で来た丸い建物の1号館、SKEの美しい稲妻の握手会に参加した3号館、まだ入ったことがない2号館。全てを使って今日の大握手会が行なわれます。

第2部が開催中の11時過ぎに着いて、たかみなから回ります。

《たかみな》
東京ドーム3日連続公演を大成功に導いた総監督です。一部報道では体重が37キロになってしまったなど心配の種もあります。もともとが小柄なので特段やつれている感じはしませんでしたが、もし本当なら自分と30キロも差があると思うと複雑な心境です…。

卒業発表はせず年内にソロのセカンドシングルを出すと宣言したたかみなに期待の声を掛けてきました。

《サイン会》
握手会と並行して現地でのCD購入者を対象としたサイン会もあります。握手の合間に並んで買おうとしたのですが進みが遅い遅い。ギリギリまで粘ったものの次の受付終了に間に合わないと判断して泣く泣く列を抜けてきました。



サインは欲しかったけれど、次点推しのために本来の推しメンとの握手を捨てるのでは本末転倒。1時間を棒に振ってしまいましたが後悔はしていません。

《まおパニ》
HKTのモバイル会員向けに送信されているメールサービスで、ほぼ毎日欠かさずに日々の出来事を写真付きで送ってきてくれます。
「毎日楽しみにしている」と話すと「昨日は送れなくてごめんね」と謝ってきました。そんなに気にしなくてもいいのになぁ…。

暑い夏。アイスが大好きな様子が文面から伝わってきますが、食べすぎはダメだよと伝えて10秒の対面は終わりました。

《紗英ちゃん》
数日前に福岡で行なわれたイベントに出ていた紗英ちゃん。幸運にも見に行くことができました。何人か出ていたメンバーの中でもひときわ輝いて見えました。

3期生というと「なこみく」を売り出している印象が強いのですが、劇場に足を運ぶような熱心なファンの間では紗英ちゃんの人気はグングン上がっています。それを象徴するかのように、研究生とは思えない長い列ができていました。

《おしりん》
まだ数回しか握手したことがありませんが、静岡県出身のメンバーということで波長が合うのかいつも好感触です。

手でポーズをとりながら
「おしりーん!」と迎えてくれるのもいいし、とびっきりの美形ということはなくても、それがかえって身近に感じられるフレンドリーな雰囲気も魅力です。

《ゆかるん》
2日前に誕生日を迎えたゆかるん。今日だけですでに何回も言われたと思いますが、ハッピーバースデーのお祝いを。

おめでたい人からは幸せのオーラがたくさん出ているように感じます。お得意のハピネスをくれるように頼むと、握手を終えた手を顔の前でパッと広げて幸せのおすそ分けをしていただきました。

《みこってぃ》
こじまこをはじめ次世代と言われるメンバーたちと一緒にミュージカル「AKB49・恋愛禁止条例」に出ることになっているみこってぃ。レッスンの様子を聞くと
「順調に進んでいる、ぜひ見に来てね」とのこと。

人気がある公演なのでチケットは当たらないのですが、各県で映画館中継もあるようなのでそちらで見届けたいと思います。

ポートメッセなごや

《美化活動》
ゆかるんの列に並んでいる時に、通路の床にペットボトルとビニール袋が落ちているのを見つけたのですが、並んで待っていたので拾えずにいました。すると握手を終えてレーンから出てきたファンが、サッと拾って持って行ってくれたのです。

ちょっとした心遣いで、ついさっきまで転がっていたゴミがなくなった。きれいな会場で楽しむことができます。よく気が付くしっかりした人のおかげで気分よく握手をすることができました。

ゴミ

外に出て休んでいるとやっぱり放置ゴミが。清掃スタッフがこまめに回ってくれているのですが全てを網羅しきれずこのような状況も見られました。広い敷地の割には少ないと言えるかもしれませんが、見つけたものは処分しなければと思い拾って捨ててきました。

《ミニイベント》
1号館では幕張での夏祭りでも好評だったアトラクションが持ち込まれ、握手券1回分と引き換えにチャレンジすることができます。

ストラックアウト

的の中心を射抜けば素敵なプレゼントをもらえるストラックアウトや、3つ揃えて賞品をゲットする輪投げ。たくさんの人が並んで挑戦しています。

ただ、推しメンとの握手をするつもりで買ったチケットを、握手をしないでこちらに使うのは何だか寂しい気もします。握手の負担を減らしつつファンサービスにもなって一石二鳥ではありますが、手放しで賛同できない自分がいました。

《行ったり来たり》
握手会場の建物が複数に分かれていて、それぞれ入るたびにセキュリティチェックを受けるのが大変でした。たかみな=3号館、さえまお・おしりん=2号館、ゆかるん=3号館、みこってぃ=2号館と見事にバラバラ。

構造上・制度上しかたないことですが、何度も会場を行き来して効率が悪くてかなわないと多くの人が話していました。

幕張の時は最初の入場口で一度チェックを受ければ以降は握手会にもイベント会場にも行き来が自由でしたので、比べてしまうとなおさら不便を感じます。

《カフェ》
夕方には全ての券を使い切って帰り道へ。あおなみ線から地下鉄東山線への乗り換えは同じ名古屋駅とはいえ遠い…。そのまま新幹線で帰らなかったのは栄のSKE48カフェへ行くためでした。

SKE48カフェ

奥にある2人掛けテーブルは48番テーブル、おしりん席です。おさかなガールらしく魚の絵やサインが書かれています。8月いっぱいで終了となる夏メニューをいただきました。

SKE48カフェ

《感想》
「ラブラドール・レトリバー」は総選挙の投票券が付いていたため売れた枚数が特に多く、会場も混雑している印象でした。CD販売やチャレンジイベントなど、列が長すぎて並んだら握手会には行けなくなる事態は何とかしてほしいと思います。

あくまでもメインは握手会。その他は付属のイベントです。試行錯誤の繰り返しでここまで来たAKB48ですから、知恵を絞ってもっと気軽に楽しめるようになってほしいと思いました。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ