So long!
全国握手会 九州会場
マリンメッセ福岡
福岡県福岡市博多区
2013年11月 4日(月・祝)晴れ
マリンメッセ福岡



《お待たせしました》
2013年の桜ソングとして発売された「So long!」は全国握手会の開催が延び延びになっていて、最後になった福岡会場は朝晩には冬の訪れさえ感じる11月にようやく開催されました。

参加券がまだ残っていたことに加え、公式ブログを見るとたかみなやみゆみゆの来場が予告されていたので遠いですが福岡まで出かけることにしました。

行くことを決めたのが開催直前でしたので早期購入割引が使えず通常料金で新幹線に乗車。飛行機より本数が多くて空港まで行く手間がなく地元の駅から直行できるのは便利ですが何せ高い…。静岡〜博多でほぼ2万円です。

静岡から博多へ直通する列車はないため、名古屋や新大阪など途中駅で乗り換えが必要です。仕事を終えてから乗るので多少出発が遅れても何とかなるように余裕を確保して最終乗継の新幹線にしました。

乗車券

出てきた切符は1枚だけ。以前は乗車券・特急券・乗り継ぎ分の座席指定券が2枚の合計4枚もあって煩わしく感じたものですが、乗客の立場では1枚にまとまったことで紛失する恐れが減り、JR側も用紙代が節約できたり自動改札の詰りも低減できるなど結構なことです。

23時56分に博多へ到着。日付が変わる時刻に改札を通したら3日の24時と印字されるのか4日の0時になるのか興味があって試したみましたら…後者でした。

のぞみ

《ショック…》
ホテルに入って寝る前に開催要項を再確認しようと公式ブログを開くと…なんということか、たかみなとあやりんの欠席が発表されている。体調不良は仕方ないのですが先日の握手会も途中でリタイアしたたかみなが心配です。

いつも元気に振る舞っていますが本当は誰よりも忙しいはず。愚痴や弱音を吐かないタイプなのでダウンするまで溜め込んでしまったのかと思うとかわいそうでなりません。

《現場到着》
翌朝はチケット交換の始まる1時間前の9時半ごろに現場入りしました。時間になって入場が始まれば流れはきわめて順調。前から2つめのB4ブロックを入手して開演までのんびり待ちます。

マリンメッセ福岡

▼セットリスト
(影アナ担当…藤江れいな)
1.overture
2.So long!
==スペシャル抽選会==
3.さよならクロール
4.ハート・エレキ
5.掌が語ること
==ゆるゆるカラオケ大会in福岡==
6.恋するフォーチュンクッキー
==フォトセッション==
==竹内美宥リサイタル==

Solong以降に発売されたシングルを盛り込んだ内容。8か月ぶりの福岡ということで、長く待たせたファンに対していくつものサプライズが用意されました。私も地元在住ではないのにちゃっかりおこぼれにあずかってまいりました。

《スペシャル抽選会》
入口で配布された初回握手券の番号を使い、下3ケタが一致すれば今回参加している全員と握手ができます。当選番号は5つあったので当選確率は0.5%…。当選を喜ぶ声も聞こえましたが、私は当たりませんでした。残念。

《みゆみゆ》
研究生の頃から歌唱力に定評があり、メンバーやスタッフからの信頼も厚いみゆみゆです。最近はテレビ番組で一人で歌うなど活躍の場を広げています。今回はピアノを弾きながら自己アレンジした2曲を披露。曲は「初日」と「チャンスの順番」で、どちらも「夢」をテーマにした選曲です。

9期といえばもう中堅ですが、加入して年数がたっても初心を忘れてはいけません。つらかった思い出もいつか花咲くための肥料です。そして人気メンバーとなれるまで時間はかかってもじっと耐えることも大切。頑張って努力して実力を付けてきているのに選抜常連になれないみゆみゆの気持ちが、歌にこもっているように思いました。

竹内美宥

ここで本人から大きな発表が。高校3年生のみゆみゆは、公表していなかったものの密かに大学を受験していました。その第一志望の学校に合格できたというのです。コツコツ堅実な竹内美宥らしい発表に、会場からは何度も「おめでとう」の声が上がりました。

▼握手会メンバー
大島 優子
石田 晴香渡辺 麻友
柏木 由紀竹内 美宥
大場 美奈田野 優花島崎 遥香
佐藤すみれ横山 由依
梅田 彩佳藤江れいな
北原 里英宮崎 美穂
入山 杏奈加藤 玲奈川栄 李奈
相笠 萌 ・岩立 沙穂内山 奈月梅田 綾乃
 
岡田 彩花岡田 奈々北澤 早紀峯岸みなみ
10
小嶋 真子篠崎 彩奈島祐利奈西野 未姫
 
橋本 耀 ・前田 美月村山 彩希茂木 忍

≪握手会≫
さきほど素晴らしいステージを見せてくれた竹内美宥&地元九州に帰ってきた柏木由紀レーンへ向かいました。今回は時間が厳しく限られているためか、初回から容赦なく速いスピードで流されています。

みゆみゆとは会話することができましたが、その分ゆきりんは握手というよりタッチするだけで
「ゆきりーーん」とだけ言い残して終わってしまい、その頃にはもう次の人が押し流されてきました。

途中16時前の休憩時間を使い、新チーム4のメンバー16名が全員で2曲披露してくれました。初のチーム4オリジナル曲「清純フィロソフィー」と、手つな公演から「チャイムはLOVE SONG」です。

みぃちゃん率いる新チーム4、新公演もスタートして今後が楽しみなチームです。

再び握手会が始まったとき、ぱるるが体調不良でダウンしてしまいました。残念そうなファンの声が聞こえてきます。

マリンメッセ福岡

《握手2回目》
次の握手はアンリレレーン。もともとは3人一緒のレーンではなかったのですが、たかみな・あやりんが欠席して組み直した結果、誕生したユニットレーンです。

ただしご多分に漏れず超ハイペース。一人1秒くらいに思えました。もちろん会話は成立しません。ハイタッチ会ではなく握手会なのですから何とかならないものでしょうか。

あんにんは安定した美形で、りっちゃんは信頼と実績に裏付けされたりっちゃんスマイル、れなっちは前回のアンリレレーンの時より大人っぽくなったようでした。

《美化活動》
ごみのポイ捨てについてはあまりない印象でした。朝チケット交換所の入口でポイ捨てをしないよう訴えつつ客のゴミを回収していた特攻服のお兄さん、ロビーで長時間に渡り看板を掲げていた大阪のまゆゆ推しの方、お疲れさまでした。

ゴミ

握手を終えたあと袋を持って客席・ロビー・建物の外を回りましたが、他にもゴミ拾いをしていた人がいたこともあって袋は1枚で足りました。他の都市でもこんな感じならよいのにと思います。

《博多グルメ》
夜は博多の街中へ繰り出して期間限定でオープンしているHKT48ショップの博多キャナルシティ店へ行ってみたり、人気の餃子店で博多グルメに舌鼓を打ったりと握手会だけではない旅の楽しみを満喫しました。

博多一口餃子

博多の餃子は鉄鍋であるべきとか、そもそも発祥は久留米で博多に持ってきて売り出したら有名になったとか諸説ありますが、美味しければいいじゃんと思います。鉄鍋ではなくても焼きたてのアツアツを食べながらのビールは一日の締めに持ってこいなのです。

博多弁が飛び交う店内。常連になりようがない旅行者の私にも親切で、味にも人情にも満足して福岡の印象はさらにアップしました。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ