ギンガムチェック
劇場盤発売記念 大握手会
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区
2012年12月 1日(土)晴れ一時雨
幕張メッセ



《京葉快速》
東京駅から乗り換えなしで行けるものの、千葉県まで行くと思うとどうしてもビッグサイトよりも遠く不便に思えてしまいます。そもそも乗り場が遠い。新幹線を降りてから長い連絡通路を歩いて、これまた長いエスカレーターを乗り継いだ先の地下深い場所に京葉線のホームがあるのです。

京葉線

舞浜や新浦安で大半が降り、かなり空いた状態で海浜幕張に到着。残っていた乗客もほとんど降りてガラガラで終点の蘇我に向けて出ていきました。

《辞退》
12時、昼の部の受付が開始されます。恭加のレーンはどこかな?と探しながら歩いているとスピーカーから戸賀崎支配人の声が。見るとステージに支配人と一緒に増田有華さん本人の姿がありました。

問題行動とされる件が雑誌に載ったけじめとしてAKB48を辞退することになったゆったん。最後にファンの前で話をする場を与えられました。なっちゃん・よねちゃんの時の残念な思い出がよみがえります。

演劇や舞台に興味があるならAKBを円満に卒業してから自分の道を進めば何も問題なかったはず。このような形で去ることになったのがとても残念です。

約5分の話のあと戸賀崎さんからも一言。
「増田は今回転んだが、立ち上がって歩き出そうとしている。失敗を含めて人生に無駄など一つもない」と激励し、一連の挨拶が終わりました。

17日の紅白対抗歌合戦が最後の活動になること、それまでの劇場公演は出演対象になることも告知されました。

《きょうか》
改めて30番の安陪恭加レーンに向かい、本人確認のあとご対面。写真会の時のことを覚えていたようです。たくさんのファンを相手するメンバーに一人一人を覚えていてもらうのが難しいことは充分承知ですが、少しでも反応があると嬉しいものです。

握手をしながら先日の劇場一周年のお祝いや感想などを話す間、終始にこやかな笑顔だった恭加。癒されます。今後も応援していこうという気持ちを新たにしました。

参加券

今日はたかみなの券もありますが夜の第6部。人気メンバーを確保するには競争率の高い昼間は避けたいところなのです。ところがコマ数の少ない恭加は昼の部しかないため、やむなく時間の離れたチケットを申込みしたのでした。

《お散歩》
何人かの生誕メッセージを書き、一度会場を出ることに。いつのまにか厚い雲に覆われて雨が降り出しています。

秋葉原まで戻りカフェで麻里子様のカレーを。AKBのファンはみんな幕張に行っているためか土曜日の割にすいていてすぐお店に入ることができました。コースターは増田有華。辞退は残念ですが、ここにいたことの証として大事にします。

チョコパンダカレー

《たかみな》
再び幕張に戻り、待ちに待ったたかみなとの対面。ちょっと疲れていたかな?若干元気がないような気がしましたが、しっかりこちらを見て話してくれました。

思い返せばたかみなの握手会が体調不良などで振替された経験がありません。かつてはキャプテンとして、今では総監督として全体の模範となるべき立場のたかみなは、普段から体調の管理に気を付けているのでしょう。でもたまにはゆっくり休んでほしいと思います。

《美化活動》
21時。あと一時間でイベントは終わります。いつものように袋を持って場内のゴミを拾って歩きました。前回のビッグサイト同様、多くの人が少しずつゴミを片付けてくれたため、大変な思いをすることはありませんでした。

地道な活動が実を結んできたと思え良い傾向です。1人が100個のゴミを拾うのか100人が1個ずつ拾うのか。結果は同じですがその過程が持つ意味は大きく異なります。

ゴミ袋

しかし一部に目立ってマナーの悪い集団が。過去の経験からだいたい予想はつくので気を付けていたのですが、案の定ペットボトルやサイリウムを山のように残して帰りました。

今回初めて参加したならまだしも、何度か参加している人なら会場をきれいにしようという動きが広がっていることは知っているはず。それなのにいまだにマナーを守れないとは情けないこと。その服に装飾した推しメンが泣きますよ。

《また会う日まで》
清掃中、急に騒がしくなったので何だ?と思うと、今日が最後の活動となるはるごんの見送りでした。佐江ちゃん、まりやんぬ、あきちゃも大きな決断をして海外に出ていきます。たくさんの経験をして大きくなって帰る日を心待ちにしています。

閉場近くまでかかって握手を終え、ひときわ大きな声援を送るファンに何度も手を振って応えるあきちゃを見届けたころ、会場内のゴミもあらかた無くなったため引き上げることにしました。

《感謝の気持ち》
推しTシャツ

たかみなの推しTシャツを着て清掃活動をしていましたら
「たかみなを推している人は、たかみな本人と同じようにしっかりしてますね」と声をかけていただきました。嬉しいことです。

たかみなに限らずメンバーや係員さんはファンに楽しんでもらうため頑張ってくれています。こちらからもお返しをしたいと思って、それを形にしているのがゴミひとつない会場でイベントを終えることなのです。

ホール

《帰り道》
今夜は自宅に帰らず明日の予定に備えて千葉市内に泊まります。日帰りでは最後まで参加できない幕張メッセですが、今回は終了まで見届けることができました。やはりイベントは時間を気にせず楽しみたいものです。

今年最後の個別握手会が終わりました。あとは全国握手会が岡山と福岡で開催されて終わりです。海外移籍メンバーへの大声援や有華ちゃんへの激励などを見ていると、握手会とは握手をするだけではないんだなと改めて思いました。ファンとメンバーをつなぐ大事なイベント。大切にしたいものです。

千葉みなと駅


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ