風は吹いている
全国握手会 関東会場

東京ビッグサイト
東京都江東区
2012年 2月 4日(土)晴れ
東京ビッグサイト



《喜びと不安》
発売から3ヶ月半、待ちに待った「風は吹いている」全国握手会の関東会場が開催されました。一週間前に起きた件を受けて本人たちからのお話がある予定で、不安を抱えた握手会になりそうです。

《東京ゆき》
夜明け前の電車はガラガラ…。始発の沼津駅では各車両に数人の客を乗せて東京を目指しました。

東海道線

《会場到着》

9時少し前、会場のビッグサイトに到着。見渡す限り雲一つなく、風もない快晴の青空です。2月なのに春のような陽気。この天気のように穏やかにイベントが終わればよいのですが…。

東京ビッグサイト

中に入ってびっくり。フラットなホールに並べられた膨大な椅子。巨大な卒業式のようです。いくつあるのか興味を持って数えてしまいました。18140席あったと思われます。並べるのは大変だったでしょう。

▼セットリスト
1.overture
2.会いたかった
3.Everyday,カチューシャ
4.トーク&ムチャぶり
5.フライングゲット
6.風は吹いている

《ムチャぶり》
今回からはネタが変わりました。箱からシチュエーションが書かれた紙を引いて、即興で告白の言葉を披露するものです。2枚引く紙は互いに関連がありませんので、時にはトンチンカンなシチュエーションになることもありえます。

もちろんネ申(ネモウス)企画ですから負けた人には罰ゲームがあります。小道具のカチンコをゆきりんが壊してしまうハプニングもありましたが…。

[スキー場で][かくれんぼ中に]告白する
→らぶたん
「スキー場でスキです」
…70点

[ボウリング場で][モノマネしながら]告白する
→ゆいはん「○☆※◇£〒$」
(聞き取れなかった。ボビーオロゴンの声を真似たようです)
…71点

[花火大会で][打ち合わせ中に]告白する
→優子
「ドーン(花火の音)」「花火が消えてくのにキュンとしちゃって…手つないじゃいました。好きです」
…97点

らぶたんが最低点ですがゆいはんも大差なく2人で罰ゲームです。東京湾といえばタコ。タコのものまねです。
前にしゃがんで手足でタコの動きをするゆいはんと、直後に立って口をタコの形にしてうねうね動くらぶたんでした。

《観客の恥》
「風は吹いている」を歌う前、たかみなが震災を受けてAKBとしての話をしている時、一部の迷惑客の邪魔が入りました。みんなが静かに話を聞いているのに汚い声でメンバーの名前を呼び合う行為。

「震災を受けた、受けないに関係なく、真剣に考えて下さい」たかみなの声がふるえていました。

《つらい時間》
ミニライヴのあと戸賀崎支配人が登壇し、辞退が決まった米沢瑠美さんと平嶋夏海さんからコメントがありました。
「解雇ではなく辞退で決定している。ファンの許しを求める場ではないので本人の言葉を静かに聞いてほしい」と戸賀崎氏。

話した内容は公式サイトにも載りましたが、今回の一件で多くの人を傷付け迷惑を掛けたことをそれぞれの言葉で謝りました。心無い言葉を浴びせられたり態度で示されたりと、酷な状況になる心配もありましたが、幸い平穏に終わりました。

二人の話の後、静かに話を聞いていたファンにお礼を述べた戸賀崎支配人。
「二人にはきちんと卒業式をしてやりたかった」と悔し泣きする姿が印象的でした。5年・6年と見守ってきた最後がこれでは泣きたくなる気持ちも痛いほどわかります。

《余興イベント》
放送部メンバー6人の紹介に続き13期研究生16人のお披露目。さらにイジリー岡田さんも登場しました。

13期生によるステージイベントは
「ガチ公開フリ入れ!ビギナーなんて関係ない。Beginnerのフリを覚えて披露せよ」

約3時間でステージ上でダンスを覚えよという過酷なムチャぶり。振付師の先生も出てさっそく練習を始めました。

入場券

《握手》
今回は呼び出しの順番に恵まれず、16時半頃ようやく最初の握手ができました。

▼握手会メンバー
前田 敦子
大島 優子
柏木 由紀
篠田麻里子
高橋みなみ
小嶋 陽菜
板野 友美
北原 里英  指原 莉乃
 横山 由依
梅田 彩佳  増田 有華
 宮澤 佐江

10
河西 智美  松井 咲子
 峯岸みなみ
 (仁藤 萌乃)
11
多田 愛佳  倉持明日香
 佐藤すみれ  高城 亜樹
12
大家志津香  片山 陽加
 
佐藤亜美菜  前田 亜美
13
大場 美奈  島崎 遥香
 山内 鈴蘭

14
市川 美織  入山 杏奈
 島田 晴香  竹内 美宥
 仲俣 汐里  永尾まりや

※10レーン仁藤…欠席

派生ユニットを意識したレーン設定になっています。8レーンはNot yet、9レーンはDiVA、11レーンはフレンチキスといった具合です。

「君の背中」のロケ地めぐりに行った縁で11レーンを選びましたが、一瞬の握手で言葉を伝えるのは無理があります。

すーちゃんに「鎌倉行ってきた!」と唐突に切り出すも「???」という顔。無理もないか。係員に肩を押されながら「君の背中!」「ロケ地!」と叫び、なんとか理解してもらえた様子ですが、その分ほかの3人が残念な結果に。

複数人数レーンは全員と満足な握手をすることは無理で、ねらいを絞ることが大事なのは渡り廊下の握手会で痛感しているのです。

《練習の成果》
17時40分頃ようやく全ブロックの呼び出しが終わり、番号順の握手になりますがこれは時間通りに終わりそうもありません。

13期生の練習が終わりいよいよ披露の時が来ました。岡田彩花さんセンターVer.のビギナーです。観客や振付師の評価はAKBのステージに立つには力不足ですが短い時間の中でよく頑張ったということ。

悔しさをバネに18日の握手会までに練習をしてリベンジすることになりました。

東京ビッグサイト

《美化委員として》
今回も放送部にメッセージを投稿しゴミの持ち帰りをお願いさせていただきました。ファンのみなさんの協力のおかげで、今日の会場は普段と比べてポイ捨てされていたゴミは少ない印象です。

全体的なマナーは向上していますが、一部強烈に悪い人がいるのも事実です。大人数で来て迷惑な叫びを上げた挙句、ゴミはそのまま置いて帰ってしまったような人たちにはもう来ないでほしいのです。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ