風吹
劇場盤発売記念 大握手会
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区
2011年11月12日(土)晴れ
幕張メッセ



《復興祈念》
東日本大震災からの復興を願って作られた新曲「風は吹いている」の歌詞や映像からは、荒れ果てた土地を力を合わせて復旧させようという意思が伝わってくると話題になっています。

《小さな旅》
気温の変動が激しい秋ですが、この日は一日中暖かく穏やかな秋晴れでした。

道路標識

今回は最後まで会場にいられるようクルマで幕張に向かいました。予約した握手券は第5部・第6部ですので時間は充分あり一般道で進みますが…。

途中で事故による渋滞、迂回しようとして入った道がきつい遠回りと、一般道プランは神奈川県内で挫折してしまいました。

交通情報

結局横浜からは首都高速に乗って幕張に向かいました。我ながら根性無しだなぁ…。

《会場到着》
幕張メッセに着いた頃、JR京葉線では隣の新習志野駅で人身事故が発生し、多くのファンが足止めされているとの情報が入ります。

当たった人は気の毒ですが、振替による救済措置が取られると他の時間帯にも影響が出ることが心配されます。

《支配人の部屋》
今回は15時からスタートとのことで握手会の時間と近く、並んで話をする時間はなさそうです。言いたいことはあったのですが次回に持ち越しとなりました。

《生誕祭メッセージ》
近日に誕生日を迎えるメンバーにメッセージを贈ろうと生誕祭実行委員会の人たちが呼びかけをしています。

島田生誕

来月19歳になる島田晴香さんへメッセージカードを書いてきました。テニス少女らしい、かわいい用紙でした。

《大場美奈》
夏から謹慎している大場美奈さんが戸賀崎支配人とともに登場。反省の結果チーム4の一員としてAKBに復帰したい、みなさんは認めてくれますか?と語りかけます。

大きな拍手で迎えられたものの、一度失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。謹慎前には人気メンバーだっただけに失望したファンも多くイバラの道になることが予想されますが、信頼回復に努力してほしいです。

《たかみな》
高橋握手券

今回のたかみなは大きなリボンではなく猫耳のようなちょこんとした髪飾りでした。3日後に迫ったチーム尾木祭への期待を話し見所を聞きましたが、「お楽しみに」と言うだけで教えてくれませんでした。

座面の高いイスに軽く腰を掛けて握手していたたかみな。

握手は立ってするものという決まりはなく少しでも疲労を軽減して欲しいのですが、着席に遠慮するメンバーも少なくないようです。

一期生のキャプテンがイスを持ち込むことで、他のメンバーにも環境を改善しやすい雰囲気を作ろうとする心遣いを感じました。

《なっちゃん》
平嶋握手券

前作(抱きしめちゃいけない)に続いて学生服でVamosに出演しているなっちゃん。ブログには洋服を買いに行く記事が多いオシャレさんですが、男子の学生服もよく似合います。

今回も渡り廊下走り隊のイベントでも見かけるファンが並んでいる姿を多数発見しました。

《はるごん》

仲川握手券

体調が思わしくないのに頑張って参加してくれています。「もしもキミが」「幸福レコード」といった舞台活動を見に行った感想を述べると嬉しそうな笑顔になります。

ブログでは自分のことを「バカなのに風邪をひいた?」「バカじゃないから風邪をひいた?」など書き込んでいたはるごん。間違いなく後者でしょう。あれだけの演技はおバカさんにはできません。

うるさいくらいに元気なはるごんの復活を祈ります。

《運営サイドへ》
今回の会場ではいくつか運営上の問題を感じました。

★駅からのルートを大幅に変更したのに事前告知がなかった
…メッセの周りをぐるっと回って裏手側から入るルートになりました。
駅からの所要時間も倍くらいに伸び、間に合わない人が出た恐れもあります。

★帰り道は真っ暗闇
…変更したルートには街灯がなく真っ暗です。前から来る人は見えず、歩道の段差や階段もあり危険でした。

★欠席メンバーの告知遅れ
…指原莉乃の欠席告知が当日8時の公式ブログでしたが、当然多くの人はすでに家を出ています。さっしーの握手券だけを持って来た人は悲惨で、これは前日のうちに発表しておくべきでした。

★喫煙コーナー
…会場出入口に広い喫煙コーナーが設けられ、それでもはみ出してタバコを吸う人が多く見られました。当然ながら吸殻だらけ煙モクモクで不快この上ありません。

子どもや未成年者が多く来場するイベントなのですから、全面禁煙にしても良いくらいです。

意見は様々な手段で上がっていると思いますので、次回への参考にしていただければ快適なイベントになると思います。

《清掃活動》
第6部が終盤に近づく頃になるとフリースペースもだいぶ人が減ってきます。ワロタハッピを加工して新調したチーム美化委員ハッピを身に纏い床に残されたゴミを拾い集めました。

同じように清掃活動をする有志と何度もすれ違いながら集めていきます。見たことがある顔や新たに参加している人も多いようです。

以前より放置される量は減っています。かつては何十枚も袋を使ったこともありますが、今回は5枚程度で済みました。


新しいファンには私たち一般客が清掃をする姿は特異に見えるようで、あれこれ質問をされましたが、一日楽しんだ会場に感謝の気持ちできれいにして帰ることを話すと納得してくれた様子でした。


1時間半ほどで全部のスペースを回り、ファンが帰ってガランとした場内を見渡すとこんなに広かったんだと実感します。自分たちで清掃したゴミひとつない広い会場を眺めるのは気分がよく誇りに思えます。

《お帰り》
時刻は22時すぎ、電車で来ていたら帰ることはできません。

幕張メッセ夜

東関東道〜首都高速〜東名と乗り継いで家に着くころには完全に日付を跨ぎますが、充実した一日を振り返りながら安全運転で帰ります。

来月は日程を間違えて購入してしまった島田晴香さんとの握手のため、再びここ幕張を訪れることになります…。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ