エビカツ
全国握手会 関西会場
京セラドーム大阪
大阪府大阪市西区
2011年 6月 4日(土)晴れ
京セラドーム



《最悪の握手会》
今回の握手会は参加する客の質の悪さを実感するイベントになってしまいました。とてもファンとは言えないような行為が平然と行われていたことに残念な気持ちでいっぱいです。

メンバーは一生懸命やっているしルールを守って参加しているファンも多くいます。しかし一部のダメな客がイベントを台無しにしているのが現実なのです。

《大阪到着》
先週の横浜会場では二日間とも雨に降られましたが今日はきれいに晴れました。ただしムシムシと暑く快適な陽気とは言えません。

大阪駅

改築が進みきれいになりつつある大阪駅。関西に来たのに見慣れた東海地区の電車が止まっているのを発見しました。長野行きの特急しなのは大阪から京都・滋賀・岐阜・愛知・長野と走り抜けていきます。

新幹線や夜行列車を除くと、これだけの府県にまたがって走る列車はなかなかないと思われます。

《京セラドーム》
9時半頃にドームに着くと入場を待つ列が見つかりません。別の場所に待機しているのかと探していると、あっさり入口にたどり着いてしまい、全く待つことなくチケットを配布され中に入ることができました。

この入口にて問題行為が発生したとの情報があります。方法は伏せますが1枚の参加券で不正に多くの握手整理券を手に入れていたというのです。

CD1枚購入につき1回握手ができるというのがこのイベントの大前提です。それさえ守られないというのでは泥棒と変わりません。


《開演待ち》

自分の座席を確認しに中へ入るとすでに多くの客が着席して開演を待っています。これほど大きく立派な会場でイベントができるというのは、幸せなことです。

開演までは2時間ほどあるので一度外に出ました。会場にゴミが捨てられているのは気分がよくないため、ざっと拾い歩きます。

関西ゴミ

CDのジャケットが破って捨てられています。会場に来ているのはAKB48が好きな人達だけではないのでしょうか。

いい歳をした年配客がポイ捨てをする現場を目撃しました。私が本人の顔を見ながら目の前で拾って近くのゴミ箱に捨てると、顔をそむけてバツが悪そうに去って行きました。若者の模範となるべき大人がこれとは全く情けないことです。


グッズ売り場は5時間待ちという案内が聞こえます。来場客は激増しているのに販売の方法は基本的に変わっていません。販売方法を抜本的に見直す時期に来ているのでしょう。5時間も待たされたらイベントは見られないし握手もできなくなります。

関西指定券

《開演!》

12時過ぎ、ほぼ時刻通りにミニライヴがスタートしました。

▼セットリスト
1.overture
2.会いたかった
3.ポニーテールとシュシュ
4.トーク&ムチャぶり
5.Everydayカチューシャ
6.誰かのために

たかみなが仕切り、麻里子様からCD売上絶好調のお礼がありました。発売1週間の売上は歴代1位となっています。

今回のムチャぶりは以下の4つ。

最も肉食系女子そうなのは
→麻里子さん
「私は草食系ですよ」
「積極的にアタックできない恥ずかしがり屋だし」

しかしすーちゃんから
「好き嫌いがハッキリしてる」
と言われると本人も納得した模様でした。

モノマネが得意で最新ネタを持っていそうなのは
→たかみな
「ぼくドラえもん」
「のび太くん、またジャイアンにいじめられたの?」

今のドラえもんの声マネをすると一瞬にして会場の空気が凍りつくなか、すーちゃんの笑い声だけが響きました。

ゆきりんが一歩前に出て、
「あみなちゃんのマネします」
と自ら名乗り出ます。キャッチフレーズの
「愛されたい、愛したい…」
を言うと、亜美菜本人から
「悪意のかたまりだよ」と酷評をされてしまいました。

しかしメンバー・客席からは似ていると好評で、モノマネが得意なのはたかみなではなくゆきりんと結論づけられました。

声が色っぽいメンバーは
→とも〜みちゃん
希望に応えセクシーボイスで
「チユウ」
と言うと、会場が沸き起こりました。

本人いわく握手会では相当な人数が「チユウ」と言って下さいとリクエストするそうです。面白がってスタッフがその人数を数えたこともあるといいます。

最後は
なぜか一緒にお風呂に入りたがるメンバーは

→意見は大きく割れ、僅差ですーちゃん

メンバーの想像は正解で半身浴しながらお話をしたいというのが彼女の意見でした。たかみなが
「私は一人で入りたいね」
「女ってわかんねーや」

と締めるとメンバー全員から
「男かよっ」と突っ込まれます。

萌乃センターのEverydayカチューシャと誰かのためにを歌い40分ほどのイベントが終わりました。

《紹介&告知》
この会場でもOJS48と研究生が紹介されました。

マスコミ向けにファンをバックにして写真を撮影。関西会場の来場者は25000人でした。

このまま握手会に移行するのかと思いきや、モニターに板野さんの配信限定2ndシングルの情報が出ました。タイトルは「愛にピアス」。ダンサー2人を引き連れてのパフォーマンスが初披露されました。

《握手会スタート》

13時15分頃から握手会が始まりましたが、整理番号はだいぶ先なので研究生のラジオ放送を聞きながら待ちます。

▼握手会メンバー

高橋みなみ
柏木 由紀
渡辺 麻友
篠田麻里子
小嶋 陽菜
板野 友美
河西 智美  片山 陽加
岩佐 美咲  倉持明日香
菊地あやか  佐藤亜美菜
10多田 愛佳  仁藤 萌乃
11
佐藤すみれ  藤江れいな
12
阿部マリア  入山 杏奈
 藤田 奈那  サイード横田絵玲奈


スタンドからは参加客のマナーの悪さがよく見えます。女性児童優先エリアが案内されている時にそれは起こりました。

「危険ですから走らないで!」との案内があるのに子供の手を引いて走り回り、子供を転ばせている親がいた。

明らかに優先エリアに該当しない男子高校生が列に並ぼうとする姿も見た。


今回に限ったことではないのかもしれませんが厳しく注意をしない係員も不正の横行につながっていると思います。

途中、番号を呼ばれていないのにムリヤリ列に突っ込んでいる者が多数いることがわかりマイクで警告されました。休憩で番号の呼出しは止まっているのにグラウンドに降りる客が続いているのはおかしいと思っていました。こんなことが起きていたことに怒りを覚えます。

研究生ライヴをするから席に戻るように案内されても全然従わないのは関西の風土なのでしょうか。

このような状況が続くようなら、遠くない時期にここでのイベントは破綻すると思います。限られた時間で多くのイベントをこなそうとしたら客の協力が欠かせないのです。

▼研究生ライヴセットリスト
1.ロマンスかくれんぼ
2.ミニスカートの妖精

前座ガールズシリーズとして、できれば「檸檬の年頃」も聞きたいところでした。

後でグラウンドに降りた時に感じましたが、ステージの付近から見る客席の広がりは圧巻でした。私もここで一曲歌ってみたいと思います。

17時半、ようやくたかみなとの初回握手ができました。相当数の不正握手に割り込まれたことと思います。しかし、他の人がやっているから自分もという考え方はしたくありません。

《映画館へGO》

大急ぎで会場を出て電車に乗ってなんば駅の近くにある映画館に駆け込みます。今日はNMB48のメンバーによる「誰かのために」公演です。

そんなわけで開演前の簡単な清掃活動の他はできず、場内は有志に期待して会場を後にせざるを得ませんでした。帰り際にざっと見た感じでも随所にゴミが放置されていました。ラジオ放送部へ寄せられていたファンからのメッセージにも、マナーアップを求める声が多くありました。

京セラドーム

会場での問題点は運営スタッフの耳にも入っているはずですが、本当に今すぐ何とかしないと手遅れになると感じた一日でした。


>>握手会イベントMENUへ

>>チーム美化委員TOPへ