Beginner
劇場盤発売記念 大握手会
幕張メッセ
千葉県千葉市美浜区
2010年11月 3日(水・祝)晴れ
幕張メッセ



《出発》
幸運にもたかみなとの握手参加券が付いたCDの抽選に当選、喜んで幕張に向かいました。まだ夜明け前で自宅から駅へと向かう道は薄暗いけれど、遠くにぼんやりと富士山の姿が見えています。

グッズが残っていることを祈りながら東海道線〜新幹線〜京葉線と乗り継ぎ、およそ2時間強で海浜幕張駅に到着しました。

海浜幕張駅

《幕張到着》
京葉線の電車から、いかにもAKBのイベント会場に向かうと思われる乗客たちが降りてきます。会場周辺にはすでに多くのファン達が集結しており、こちらも気持ちが高まってきます。

幕張メッセは国際級のイベントも多く開催される場所で、施設面は充実しています。くずかごも少し見回せば見つかるので会場内のロビーに散乱するゴミはほとんどなくきれいな状態でした。

《グッズ購入》
第1部の受付終了まで時間があるため先にグッズ購入の列に並ぶことにします。メンバータオルやクリアファイルに加えて、新作としてビギナーの衣装を基にデザインしたピンバッジや腕章がありました。

過去の会場で売られていたグッズも残りがあれば販売されていますが、すでに売り切れているものも多くあります。お気に入りのメンバーのグッズは早めに買っておくべきでしょう。

《たかみなご対面》
希望のグッズを無事に購入し、たかみなの列に並びます。全国握手会と違って時間帯ごとに参加できる人数を制限しているため、行列が短くて助かります。

18th個別参加券

すぐ順番が来てBeginnerやフォトブック「たかみな」の感想などを話しました。たかみな自身もそれらを気に入っている様子で、嬉しそうに話を聞いてくれます。いつも元気に対応してくれるたかみな。今回も期待通り、たくさんのパワーをもらってきました。

《会場の雰囲気》
メンバーは全員握手に専念しているので全国握手会のようなステージイベントはありません。しかし大型スクリーンでは過去のコンサート映像や最新情報の告知などが流されているので待ち時間も苦になりません。

劇場支配人の戸賀崎さんと直接お話しができるコーナーもあり、こちらも大盛況でした。他のアーティストでは運営とファンが直接意見を交わす機会というのはまずありません。こういう距離の近さがAKBらしい魅力だと感じます。

会場風景

《退場》
夕方から別の場所に出かけるため第3部の握手まで参加して会場を出ます。

休憩スペースにはシートを広げて座っているお客さんがたくさんいます。この辺りからゴミが発生しそうな予感がしますが、そのような事態にならないことを期待して会場をあとにしました。

ファンの増加で抽選CDは当たりにくくなってきています。しかし全国イベントと比べ格段に長い時間メンバーとふれあえる個別イベントには今後も来たいと思います。