《全国握手会とは?》
シングルCDの初回生産盤を買うと
「全国握手会参加券」が封入されています。全国握手会とはAKB48のメンバーが全国を回り、ファンサービスとして握手会やミニライヴを行なうイベントです。

最近の実績では、北海道・東北・関東・東海・関西・中国・九州の各地区で開催されています。予約は不要で、参加券を持って会場に行くだけで参加できます。

参加券

参加券は後述する関東の例を除き全ての会場で共通ですので、都合の良い会場を自由に選ぶことができます。原則として参加は無料です。

《関東会場について》
参加券には1番と2番があり券面に大きく印刷されています。これは混雑緩和のため券種により参加できる会場を振り分けている関東会場に参加する方のみ関係します。

Beginnerを例に説明しますと…

1番の券は11月6日にさいたまスーパーアリーナで使うことができました。

2番の券は12月11日に味の素スタジアムで使うことができました。

このように使える会場が異なるため、関東の会場へ行かれる場合は注意が必要です。他の地区ではどちらの番号の券でも使うことができます。券はランダムで入っていますので、CDを購入して開封するまでどちらが出るかわかりません。

《開催情報》
イベントの開催が近くなると公式ブログなどに概要が載ります。開催日・時刻・会場などが載っていますので必ず確認します。来場するメンバーはそれより遅く開催2日ほど前に発表されます。会場によって異なりますが12〜20人ほどが来場します。URLは参加券に載っています。

《入場までの流れ》
握手会の前にミニライヴがありますので、これを見る場合の流れを説明します。

まずは参加券を持って会場に行き入場の列に並びます。列が進んでゲートまでたどり着いたら係員に参加券を渡して下さい。引換えに「観覧指定券」と「握手整理券」を渡されます。

引き換え

友人や家族と並びの席で観覧したい場合には必ず同じゲートをまとまって通ります。係員に「○名です」と申告すれば同じ立ち見ブロックや並び座席のチケットをもらえます。

早く行ったからと言って良い席を充てられるとは限りません。逆に早朝から並ばれることを嫌う運営は、チケットの出し方をいろいろ考えているようです。

ゲートの先はそのまま会場となりますので、代表者が一人で並んで連れの分を引き換えることはできません。全員が並んで一緒に入場する必要があります。

参加券が何枚かある場合でも、入場する時には一人一枚しか出すことができません。2枚目以降の握手整理券は最初の握手を終えたあとで引換えをしてください。

《入場後の流れ》
指定の場所でミニライヴを観覧しましたら、あとは整理番号の呼び出しに従って握手列に並びます。いくつかのレーンからひとつを選んで並びます。
(初回握手は番号順ではなく座席ブロックごとに案内される会場もあります)

番号が遅く時間がある場合は、一旦会場の外に出ることもできます。再入場するには観覧指定券か握手整理券を係員に提示しますので、現場の指示に従って下さい。

レーン

握手できるメンバーは、会場内に掲示されています。通常は2人組でレーンに入りますので、一枚の握手券で2人と握手ができます。人気メンバーで混雑が予想される時は単独レーンになる場合があります。

また参加予定のメンバーが欠席して単独になる場合もありますが、一人のまま開催する時とレーンを組み替える場合があります。いずれにしても代わりのメンバーは補充されません。

たいてい握手は数秒です。話したいことがある場合は簡潔にまとめておきます。

《握手を終えたら》
握手をしたらそのまま外へと出るルートになります。

参加券がまだある場合は、引換所に立ち寄って次の握手整理券と引き換えます。ここでは枚数の制限がないことが多いようです。

参加券が一枚しかなくて手持ちがない場合も、希望であれば使用済の観覧指定券を提示することで、会場内に戻ることができます。

《帰る前に》
会場には公式のグッズ売り場もありますので、記念にお買い求めになってはいかがでしょうか?

持ち込んだ飲食物のカラ容器等は忘れずに持ち帰るかくずかごに捨てて下さいね!


>>チーム美化委員TOPへ